カテゴリ:ハチャプリ商会( 12 )


昨年末、すい星のようにあらわれたグルジアのギオルギおじさん。
(詳しくは12/27の日記へ!)

       ギオルギさんの朝は早い。だって彼は羊飼いなのだ。
b0114860_20421347.jpg

        おお、今日もよい天気だ。さあ、出かけるとするか。
        (რა ჴარგი ამინდია!ახრა წავალ.)

b0114860_2112723.jpg

羊たちを見守る、たくましく優しいギオルギさん。
トルコでもイランでも・・羊飼いのコートはこんなかたちをしています。

b0114860_21102691.jpg

肩からさげているのは動物の角のカップ。
ワインを飲み干さなければテーブルにおくことができません。
胸のポケットに並ぶ銀色の細長いのは、銃弾らしく見せた偽物です。

ギオルギさんは架空の人物、私の心の恋人!です。

昨夜テレビのニュースではグルジアと南オセチアのこと、
10分ほどだけど映像で特集していた。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*グルジア文字も久し振りに入れてみました。でもパソコンによっては表示されずに
 はてなマークやバーコードみたいになってしまうそうです。

*ギオルギさんは1/14まで西荻窪のニヒル牛2にいますよ!
[PR]

ホームページの表紙が、クリスマスモードから普通バージョンに変わりました。
大人っぽくなって素敵でしょう・・・?
一昨年の夏にギャラリー悠玄で個展を開いたときの写真です。
作るものが、人形から少しずつ離れていった時期でした。

・・・とかいいながら!
クリスマス返上で私が作っていたもの、とは何か。

b0114860_15434281.jpg

           グルジア人のギオルギおじさん


     彼は、こんなお部屋に住んでいます。窓からの眺めも素敵・・・
b0114860_1548491.jpg


       一日の仕事を終えて、部屋に戻って来たギオルギさん。
b0114860_15515821.jpg



  ・・・・ききき 君は〜〜〜!!!この忙しい年の瀬に〜〜〜〜!
     なな何を作っているのか〜〜!

あの、怒らないで。あのね、それでね・・(汗)まだあるの・・
ギオルギさん、着替えも持ってるの・・・あ、怒ってる?
ではギオルギさんの羊飼いバージョンは、いずれまた。怒りのおさまった頃に・・・
[PR]

b0114860_16302314.jpg

過ぎてしまえばまるで蜃気楼のようなグルジア・ディ。
でも、アリナさんからいただいたブーケはまだ可愛らしく咲いています。

世間は連休。私は大掃除週間。
[PR]
吉祥寺でのグルジア・ディは大入り満員、
準備と片付けも含めると丸1週間、嵐のような日々でした。

嬉しかったのは、昨年も来て下さった方達が何人もいらしたこと。
そこからまた新しい出会いに繋がっていく様子を当日実感したこと。
たくさんの人達が手伝って下さったこと。

でもなんてこと・・!去年に引き続き、今年もあまりにも忙しくて
私も伊藤さんも写真を撮る余裕はなくブログにアップできません。
いずれ、いただけるでしょうけれどね。
去年の巣鴨でのグルジア・ディもそうでした。
(私達は まぼろしの巣鴨伝説とよんでいます)

2日間とも私は朝からハチャプリの仕込み。
日曜日は51名の予約、それにスタッフ含めて60人分のハチャプリが必要!
こんな量の仕込みは初めてでしたが、朝からとにかく気持ちを集中させて
ひたすら作っていきました。
材料をざっと混ぜ合わせ、寝かせた生地をボールから持ち上げたときの手の感触で
うまく発酵したかどうかわかる、
その手のひらの感覚がどんどんと鋭くなっていくのを感じました。

場所を提供していただき、数々のわがままを聞いて下さったギャラリー遊の方。
メデアさん、伊藤さん、スタッフの方々、
グルジアに興味を持って来てくださったみなさん。
みんなのお陰で 楽しい二日間になりました、感謝しています。

又いずれ写真を手に入れて、レポートを!
さてこの後の私は・・・まずは、部屋の大掃除です。

b0114860_192621100.jpg
これはブラッドベリ会場で、ギャラリーの方が撮って下さった写真。
グルジア民話の語り絵巻では、鹿が重要なモチーフとして登場しました。
ピロスマニの描いた鹿を意識して、タペストリ風に作ってみました。
[PR]

去年の夏には伊藤さんの耳なし芳一公演、
そして11月には私の個展、とお世話になりっぱなしの桶川・ブラッドベリ

今年のグルジア・ディ初日はギャラリー・ブラッドベリで幕をあけました。
前日から会場作りにお菓子の仕込みに夜中まで、翌朝も早起き。
で、はれぼったい顔のまま お客さまをむかえる。
b0114860_16272796.jpg

スライド写真をみながらメデアさんのお話。
その後、ご主人の児島さんも交えて質問に盛り上がる。
b0114860_16292353.jpg

そしてレモン紅茶とハチャプリ!
2年前から日本に住まれている、グルジア人女性のリャナさんから、
「ゲムリエリ(=美味しい)!」と凄く褒めてもらったよ。
b0114860_16323095.jpg

メデアさんの作ったペラムシ。葡萄の甘酸っぱさが嬉しくなるお菓子。
もう一種類、ゴジナギという蜂蜜とクルミをたっぷり使ったお菓子と。
お茶の時間のあいだもお喋りに花が咲く。
リャナさんのいろんなお話を、児島さんが通訳してくださったり。

そしてグルジア民話「狩人」
b0114860_16375759.jpg

私はほとんど幕の後ろにかくれて音を出したり人形を動かしたり幕を変えたり
でもお客さまたちの気持ちが集中しているのをしっかり感じた。

b0114860_16405480.jpg

初演、無事終了!・・楽しかった!

この後も残って下さった方達とたくさんお喋りができた。
ずいぶん遠くから来て下さった方が多い。
それぞれにグルジアに関心を持って集まってくれた皆さんに感謝。
ブラッドベリの齋藤さんご家族には、本当にお世話になりました。
お陰様で すごくいい会になりました。

b0114860_1654496.jpg

メデアさんの刺繍作品。ピロスマニの絵画の鹿です。
間近で見ると細やかな技に驚きます。

さて、このあと吉祥寺。
20日は満席になりました。ありがとうございました。
21日はまだ余裕がありますので是非・・!
[PR]

旅行記は途中だけど、ちょうど”ここに住みたい”って場所まで来たのだから
一息入れて長引かせてしまおう。

グルジア・ディではまずプロジェクターを使って、
メデアさんにグルジアのことをいろいろと話していただきます。
歴史、文化、食事、etc・・・

それから、グルジアから届けてもらった紅茶(グルジアは紅茶の産地です)と
メデアさん作のグルジアのお菓子2種、そして石田の作るハチャプリをどうぞ。
旅行記にも書きましたが、ハチャプリなくして今の私は存在せず という
チーズパンです。

b0114860_12165276.jpg


休憩を挟んで、グルジア民話を グルジア語と日本語とでお楽しみ下さい。
メデアさんの語りは 表情があって流れるように美しく、茶目っ気もあり
すごくいいのです!去年も「灰かき太郎」という民話をやったのですが
お客さま達には(部屋に入りきれない程大勢でした)大変好評でした。
グルジアでは幼稚園のときから、詩をみんなの前で語る、
そんなことも教えられるのだそうですよ。

日本語版を語る伊藤は、役者にして琵琶法師。
留守電の声が聞きたくて電話する人までいるという逸話の持ち主だ。
声だけでなくもちろん役者としても存在感の光る演技でしぶかっこいい、です。
芝居にあわせて、グルジアで手に入れたパンドゥーリという楽器の演奏も少し

そして石田は、舞台美術と衣装をつくりました。
今までにも、自作自演の人形芝居はたくさんやってきているのですが
今回は語りを"聴く”事を重視して、
何場面かを布地のコラージュでつくり絵本のようにそれをめくっていく、
スタイルにしました。でも小さな生き物がひらりと現れる場面も。

昨日、ブラッドベリではじめて3人あわせての稽古をしました。
ここは高い天井に立派な梁があり、雰囲気のある素敵な空間です。
衣装を着た二人も、幕も、小道具も全てがまるで深い森の中に居るような
素晴らしいものになりそうです!(写真とるのをすっかり忘れて残念)

どうぞ皆さん、いらして下さい。
特に4/20(日)の予約がだいぶ増えてきました。
定員がありますので、お決まりの方はどうぞ早めにご予約を・・!
詳細はチラシをご覧になって下さい。

さてあと2週間弱、楽しんで準備を続けよう。
[PR]

4月にひらくグルジア・ディの詳細が決まりました。
チラシは”これからの予定”に載せました。

あの巣鴨伝説から1年・・・
あまりの人の多さに入るのをあきらめて帰られた方も
何人もいたと、あとで聞きました。
せっかく足を運んで頂いたのに、すみませんでした。
ハチャプリ茶屋も、ドタバタすることが多くて反省点が多々ありました。
お祭りのように夢のように過ぎていった怒濤の4日間でした。
去年の反省もふまえて、しっかり準備して、さらにグルジアンワールドを
深化・パワーアップしたものにしたいと思っています。

今回は要予約のイベントですが、どうぞいらしてください!
グルジア・ディの準備にまつわるいろいろなお話は、またブログにて
お伝えしていこうと思っています。
[PR]
b0114860_1447431.jpg

ハチャプリ商会より、明けましておめでとうございます。
ピロスマニの絵と、その下の文は  
「ギロツァブト アハル ツェルス」 = 新しい年をお祝いします

実際はかなり大きな絵です。私も混ぜて、って言いたくなる。

去年のグルジア*ミラクル展からハチャプリ商会が動き始めました。
今年も、いろいろなこと、楽しいことが発酵中です!
4月頃にパン焼き釜に入れるでしょう。焼きたて、食べにきてね!
[PR]
この日記、始めた当初からタイトルだけは何故かグルジア語。
いつか全文グルジア語で書ける日を目指して・・・って誰が読むのだよ。
週に1回のグルジア語教室はもうすぐ2年になる。
文法のややこしさに悲鳴をあげつつ落ちこぼれつつも、何とか続けている。
先生も素敵な方だし、またグルジアにも行きたいし、話したいし。
でもその話はまた、で この写真はグルジアワインとグルジア料理!

b0114860_21293984.jpg

バドリジャニ という料理。ケーキみたいでしょう?
クルミをペースト状にして香辛料(コリアンダー等)を効かせたものを 
茄子の焼いたのではさんでいます。 赤い粒は ざくろです。
美味しい!ワインとよくあう。どんどん、飲んでしまいます。

日本に住んでいるグルジア人は何人だったかしら。以前聞いたんだけど・・
20〜30人ぐらいかな? お相撲さんも、黒海関をはじめ、4人だったかな?
関西には、演奏活動を続けているグルジア人音楽家が4人もいらっしゃいます。
その4人の、結成10周年記念・東京初公演が、来年2月に上野であります。

      「グルジアの響き」
トビリシ弦楽四重奏団 & 田隅靖子(ピアノ)
   2008年2月9日(土) 2時開演
      東京文化会館小ホール
    一般4000円 / 学生2500円

さらに詳しいことはこちらのチラシをご覧になってください。
演目はすべて、グルジア人作曲家の作品です。
この演奏会を企画されたのは「冬のチェンバロ」の会
5月のグルジア*ミラクル展がきっかけで知り合いました。
私も ハチャプリ商会 としてチラシとチケットをお預かりしていますので、
グルジアに関心を持たれた方は是非・・いらしてください!
グルジアの香りに触れることのできる、よい機会です!
[PR]
b0114860_15453077.jpg

ハチャプリ茶屋、たくさんの方に来ていただきました。
どうもありがとうございました! 
写真を撮るのをすっかり忘れてしまい、これはグルジアでのレストランの写真。

ハチャプリの大きさや焼き加減に個人差があったり、などなど
反省点も多々あるのですが。 次の機会に生かしたい。

ずっと前に旅したグルジアで、多くの人達に出会い、助けてもらって、
ハチャプリをごちそうしてもらって、あの時はありがとう、って伝えたい人が
たくさんいて・・・。 本当はその人達に向けて焼いているんだろうな。
何百枚焼いても、焼き足りない気持ち。

ハチャプリ茶屋ができてよかった。
場所を提供してくれたニヒル牛2、いっぱい宣伝してくれた
あるさん、おかやん、どうもありがとうでした・・・!
[PR]