人気ブログランキング |

カテゴリ:寝言( 335 )

b0114860_20401870.jpg

b0114860_20403625.jpg
b0114860_20405512.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





b0114860_21425910.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






b0114860_19342356.jpg

久しぶりの友人と、神社で夜桜。お赤飯とお酒。
花びらが舞い散るたび、あちらこちらで小さく声が上がる。夢のようなひととき。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






部屋の中、毎日が雛祭り状態とも言えるけれど。。
ちょっと並べ替えてみたり。


b0114860_16104565.jpg

b0114860_16112825.jpg

b0114860_16110855.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



食卓とフェルト作りの机は兼用で使っている。
奥の部屋にもひとつ作業机があるけど、フェルト制作は水浸しになるので机が二つ必要。
75cm角の食卓で、制作が佳境に入ると生活すべてがカオス状態となってしまうのだった。

思い切って大きなダイニングテーブルを購入、ニトリ通販のアウトレット品、半額!
ギックリ腰になりそうなほど重たいのを、なんとか組み立ててニンマリ。
これで心おきなく大きな作品も作れる、、んだが見ていると
なんか友達を呼んで鍋でもしたくなるよ。いやまずは制作......!

b0114860_14421912.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


年が明けて、日が経つのが早い早い!
モスクワから帰って以来、あれこれと思ったことを書きとめたかったんだけど。
何だか忙しくなってしまい頭の中がまとまらないままに、もう2月。
もっと制作がはかどる部屋にするべく、押入れ収納の大改革を始めてる。

溜め込んできた沢山の素材たちを、目に付きやすく手に取りやすい形でしまうこと。
狭いアパートだけど生活することと作ることが無理なく楽しく共存、だけでなく相乗効果で
意外なイメージまでもが沸き起こってくるように!
うまくいけば、頭も気持ちもすっきり、また文章も書けるようになるか、、、な?


b0114860_22532330.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


モスクワ2日目、蚤の市へ。

b0114860_13384393.jpg

遊園地だったみたいな場所が、ヴェルニサージュ(蚤の市)の会場となっている。
入り口がこんな感じで、もうワクワクしてくる。

b0114860_13532452.jpg

b0114860_13464768.jpg

b0114860_13385778.jpg



b0114860_13391045.jpg

蓄音機で音楽をかけながらお店番をしていたご夫婦。なんて素敵な....!


b0114860_13392754.jpg

ものすごく広い!屋内から屋外まで、果てしなく広がっている。
時間が経つのも忘れて、ひたすら歩いて見てまわった。
もし私がお店を持っていたなら、興奮気味にいっぱい買い込むだろうなぁ。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



b0114860_17574193.jpg


明けましておめでとうございます。
2019年、良い年となりますように。


クリスマス〜お正月は郵便局で年賀状のバイトをしてました。
なので、いつの間にやら年が明けてたわ,,,って感じで。
でもロシアから帰ってきて12月後半は、思いがけない嬉しいことがいくつもありました。

コートのポケットに、モスクワで使ってたメトロの3日間有効パスが入ったままになってる。
この冬はそのままにしておこう。


今年は10月に東京で個展があります。
11月には大阪で楽しみな企画もあり。
こつこつ作り続けていきます。
近くにいる友人も、遠くから気にかけてくれている友人にも
たくさんの感謝。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今回の展示に誘ってくださった羽関さんとは、会場入り口で待ち合わせをしていた。
すでに大きなポスターが貼ってある、何はともあれディスプレイをすませた。

b0114860_18114497.jpg


b0114860_22280917.jpg

b0114860_18104054.jpg




ものすごく広い会場で、人形だけでなく手工芸の材料やアンティークな雑貨類を扱うブースなども。
とても凝ったディスプレイをしているコーナーもあり。


b0114860_18232864.jpg

b0114860_18112250.jpg


まずは駆け足でざっくりと会場を見て回る。
飛行機で起こったあれやこれやのせいか ”直感で素早く行動せよ”って指令が脳内からずっと出ている
感じ。パッと見ただけで惹かれて大好きになった人形たちのコーナーがあり、
小さな赤ちゃんの人形を手に入れた。作家はSukokilasyaさん。
作品には素朴さと同時にどこか謎めいた感があり、なんだか自分と共通するものを感じて親しみが湧き、
私も出展してるので時間のあるとき見に来てね、と伝えて別れた。
彼女はそのあと私の人形を見に来て、気に入ってくれて、最終日にも素敵なやりとりをする。
嬉しい出会いとなりました。

b0114860_18375207.jpg



人形も、家具も、全てをフェルトで作る作家の方。イリナさん。
大らかで暖かでユーモアがあって、そしてダイナミックで素晴らしい!
この方とも、最終日にお話しすることができました。
優しい人柄がにじみ出るような、本当にチャーミングな方...

b0114860_18105740.jpg



展示は3日間あるのでゆっくり見るのは明日からもできる。
この旅では、クレムリンの聖堂でゆっくりとイコンを見る、のが一番の念願だった。
考えてみれば家を出てから丸1日半、ちゃんと寝てないんだけど、疲れも眠気も感じないまま、
クレムリンへ。


b0114860_18462357.jpg


聖堂の中は撮影禁止。
天井も壁もどこまでも続くフレスコ画、イコン、、、来てよかった、堪能しました。

b0114860_19073482.jpg


外は暗くなり、クレムリン前のX’masマーケットで、メリーゴーランドで遊ぶ子供達を眺めながら
旅の初日を祝ってスパイスの効いたホットワインで一人乾杯。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











関空から大韓航空でソウル。ソウルでアエロフロートに乗り継いで、ほっと一息。
ひと眠りすればモスクワ、のはずだったのが。
離陸して2時間ほど経った頃、何やらアナウンスがあり、シートベルトのサインも。
気流が悪いのかな? モニターに写される飛行機の進路はなんだかジグザグしていて、
そのうち高度がだんだん下がっていってる、じゃないの!
ロシア語と英語と韓国語のアナウンス、早口で何も聞き取れず。
搭乗率7割くらいの客席で、私は3人掛けの席を独占状態。状況を聞ける人が近くにいない。
何があったん?と思う間もなく、飛行機はどこかの空港に着陸。ここ何処....?
”中国燃油”と車体に書かれたトラックが見えたので、どうやらここは中国。

やがて、救急車と”公安”って書かれたパトカーが来て機体に横付けになり、
非常口から担架に乗せられた人が運ばれていった。 そうか、急病人が出て緊急着陸だったのか....
でもここを飛び立てるのはいつになるんだろう?
最初は乗務員たちも皆ピリピリしていてシートベルト締めて座ってなさい、とか
トイレ行っちゃダメ! とか怖かったんだけど、待つこと数時間。
機内にまったりした空気が漂い始めた頃、飛行機から降ろされてバスで待合室に移動。

バスの中で目の前にいた韓国人の男性に聞いてみると、ここは北京。
今日中に離陸できるのか、北京で泊まることになるのかまだ誰にもわからない、と。
殺風景な待合室でさらに数時間待たされる。日本人は私だけなようだ。 
バスで話しかけた方と、そのあともポツポツと会話ができたことで、
不安な気持ちがだいぶ和らいで本当に助かった。
夜10時半にやっとアエロフロートの方が来て、今から飛びます、とのこと。
いつ着くのか?との質問に、「現地時間で夜中の3時」

空港で夜明かしして展覧会の搬入に行くしかない。予約してたホテルに電話して事情を説明した。
無事3時にモスクワ着、荷物を受け取る、はずが私のカバンが出てこない。。。
回っていたターンテーブルがガクン、と止まった。
私以外に3人ほどがポツン、と立っている。 ここまできて、まさかのロストバゲッジ,,,?
クレームを言うべきカウンターには誰もいない。
しばらくウロウロしていると、ターンテーブルが再び動き始めて、私の荷物もやってきた。

あまりの安堵に、ここですごいポカをやらかしてしまった。
手に持ってたコートを椅子に置いたまま、税関を通って(職員さんは居眠りしてたので通っただけ)
出てきてしまったのだ。朝までベンチで休んでようと座ってからしばらくして気づいた。 
コートがない! 頭の中が一瞬真っ白。
よくよく考えて、ターンテーブルだ、と気づくけれどそこは今更戻れない場所。
そしてインフォメーションのカウンターには誰もいない。
もう休むどころではなくなった頭と体で、一生懸命考える。
出国カウンターに行けばもっと賑わっているはず、と気付いて移動した。
カウンターにはちゃんと人がいて、事情を話すと何処かに電話してくれて、そして見つかった!

時計が5時を回り、空港の出口の前の停留所に路線バスがやってきた。
もう度胸が座ってしまった私、街の中心へ行くバスであることを確かめて飛び乗った。
薄明るくなり始めた街の様子を窓から見ながら、二十年前の旅のことをずっと思い出していた。
夜行バス、夜行列車で明け方に知らない町に到着することが多かったから。
あの時の感覚。いつも緊張とともに感覚を精一杯全開にして、新しい町に飛び込んで行こうとした。

アクシデントのおかげでこの感覚をもう一度味わえているんだ、とすごく懐かしくて。
きっといい旅になる!と思った。バスを降りてメトロに乗り換え、朝7時前にホテルに無事到着。


b0114860_20555033.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・