人気ブログランキング |

山形での仕事が終わって、京都への帰り道。
新潟の”砂丘館”のギャラリーで開催中の加藤啓さんの展覧会へ行く。
バスで3時間、途中で思わず降りてしまいたくなるような山あいのいい景色の中を走る。

b0114860_22411866.jpg

よく晴れた気持ちいい日、日本海を歩いたの久しぶり。海から歩いてすぐのところに砂丘館がある。
この日は加藤さんのパフォーマンスもある日で、庭でやる予定だったのが、
道を挟んで隣にある学校が運動会の日で騒がしい、ってことで急遽、すぐ近くにある
坂口安吾の風の館 の中庭で行われることになった。

b0114860_23174450.jpg

木漏れ日の中で加藤啓さんの人形たちが呼吸を始めて、鳥の鳴き声も、小さな風も、
全てがまるで奇跡のようなひととき。

翌日バスで富山へ。偶然見つけたチラシに惹かれて、黒部美術館の展覧会に行きたかった。
黒部インターで降りてしまったので1時間以上歩いたけど、遠足気分。


b0114860_23015302.jpg

田んぼがず〜っと続いていたのに、いつの間にやら麦畑に景色が変わり

b0114860_23031853.jpg

展覧会は「この世界で生きる、日々のかたち」 行ってよかった!
富山から京都行きの夜行バスで帰る。
あれこれ続いて忙しかったここ数ヶ月の締めくくりに、たっぷりの充電ができた。
そして秋の個展が....近づいてきた、そろそろ本気モードで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




b0114860_10295384.jpg


父は自営業だったが、なぜか畑があり日曜日だけ家族皆で畑作業をしに出かけた。
住んでいた団地からバスで30分、終点で降りてさらに30分以上歩く。
畦道を花を摘みながら歩いた幼い時の感覚が
こんな何気ない草花に出会うと蘇ってくる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1年のうち1ヶ月だけテキスタイル科の先生になる。
キャンパスには染料となる紅花の畑があり生徒たちが育てている。
毎年春に行くので、私も種まきを少しの時間だけど一緒にやる。いろんな思いが甦る。
5年目だから、ちょうど学年をひと周りしたことになるのか。
土を耕し水をやる。地面の上、太陽の下にいることがこんなに気持ちいい。

b0114860_23492724.jpg

b0114860_23494312.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・